エグゼイド 動画 36話 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー

-「auビデオパス」しま エグゼイド 動画 36話 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー

エグゼイド 動画 第36話6月26日放送 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー

本記事では、

①仮面ライダーエグゼイドの魅力ネタバレキャストなどのアンケート結果

②仮面ライダーエグゼイドの動画が無料視聴・見逃し配信・再放送できる「auビデオパス」の一カ月間の無料お試しキャンペーン説明

③仮面ライダーエグゼイド 動画36話あらすじネタバレキャスト

「auビデオパス」はテレ朝テレビの放送後にすぐに配信がスタートします

ここでは、仮面ライダーエグゼイドの初回~最新話を見逃した場合に便利な「auビデオパス」と仮面ライダーエグゼイドの魅力を中心に書いていきます。

インターネット上には、海外の公式動画ソフトで作成されたものがありますが

すぐに削除されます

探すより「auビデオパス」無料お試しキャンペーンに登録した方が早い時あります

-「auビデオパス」しま エグゼイド 動画 36話 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー

「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字、画像をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

-「auビデオパス」しま エグゼイド 動画 36話 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

エグゼイド動画36話ユーチューブ予告動画

 

仮面ライダーエグゼイド動画第36話無料視聴・見逃した場合は「auビデオパス」

仮面ライダーエグゼイドはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます。

動画ですが「auビデオパス」のauユーザーしか見れません。

ドコモやソフトバンクの方は少し辛いですね

最近ではauビデオパスもdocomoユーザーでも見れる作品は出てきましたが・・

しかし、auビデオパスは、月額540円+放映中最新ドラマやその他ライブなど(戦隊もの)も無料で見れます。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、540円も無料です。

ダウンロード再生や高画質、高品質安全に公式にstreaminの再生も楽しめます

 

人気のドラマ・アニメ・映画が見放題!

スマホ、タブレット、パソコン、TVとマルチデバイスに対応しています。

外出先でも自宅でも気軽に楽しむことができます。

テレビなら、より大画面・高画質で楽しめます。

「auビデオパス」の公式サイト確認したい方は下記です

 

↓ ↓

 

(文字、画像をクリックすると「auビデオパス」公式リンクに飛びます)

 

-「auビデオパス」しま エグゼイド 動画 36話 pandora、miomio(ビデオパス)仮面ライダー動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

番組内容

第36話『完全無敵のGAMER!』…正宗が「クロノスを攻略し消滅した人々を救う“伝説の力”を手に入れよう」というキャンペーンを世間に打ち出した。街のゲーマーたちは色めき立つが、それが正宗のワナと知った永夢らは、変身し正宗の前に立ちはだかる。対する正宗もクロノスに変身、飛彩、貴利矢も変身し真っ向勝負を挑む。エグゼイドはハイパームテキガシャットをゲーマドライバーに挿入、クロノスを撃破!と思われたが…!?

出演者

仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢(ほうじょう・えむ):飯島寛騎 仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩(かがみ・ひいろ):瀬戸利樹 仮面ライダースナイプ/花家大我(はなや・たいが):松本享恭 仮面ライダーゲンム/檀黎斗(だん・くろと):岩永徹也 仮面ライダーポッピー/仮野明日那(かりの・あすな)/ポッピーピポパポ:松田るか 仮面ライダーレーザー/九条貴利矢(くじょう・きりや):小野塚勇人仮面ライダーパラドクス/パラド:甲斐翔真 西馬ニコ:黒崎レイナ 鏡灰馬(かがみ・はいま):博多華丸 日向恭太郎(ひなた・きょうたろう):野村宏伸

仮面ライダーエグゼイド の魅力キャストアンケート

今までに無い戦闘シーンのグラフィックが、エグゼイドの魅力だと感じます。

特に、第一話で見せたエグゼイドのキメ技には感動しましたね。

アナログ時代のゲーム表現と、現代のゲーム感覚を融合させたのは画期的だと言えますよ!

そして、各ライダーのキャラと配役も綺麗にハマっています。

これは、悪役陣にも感じます。

単純なカッコいいだけでは無く…クールな部分と内面の弱さを表現しているのも珍しいパターンかも知れません。

通常、主人公達は弱さを見せるが持前の元気で乗り切ります。

ただ、エグゼイドに関しては”常に迷い”がちらついた状態になっていますね。
「本当に自分はこれで良いのか!?」

こんな迷う主人公達は、もしかしたら自身と似ていると思わせている気もします。

だからこそ、派手な戦闘シーンやカッコいいキメ技があっても”親近感”があるんですね?

小さいお子さんには、この内面的部分は理解しにくいと感じます。

多分ですが…一緒に見る親の心を掴む部分かも知れませんよ。

このドラマ感が、親子で楽しむのに最適なエグゼイドになっている気がします。

話は戻りますが、現在無敵のクロノスはかなり嫌なキャラになっています。

変身前の喋り方もイラつかせる雰囲気で、敵ながら称賛してしまいます。

やはり、役者魂がヒーローモノにかなり反映されているエグゼイドは感心しますよ!