モアナと伝説の海 映画 動画 吹き替え無料視聴フルauビデオパス配信

モアナと伝説の海 映画 動画 吹き替え無料視聴フルauビデオパス配信

ということで記事をお伝えします

 

最近、3D映画がおおいに盛り上がりを見せていますよね。

ここでピックアップする『モアナと伝説の海』も、ずばりそんな映画の1つです。

本邦公開は2017年3月ということで、まだまだホットなこの映画。

まだご覧ではないという方には、ぜひ見ていただきたい物語となっております。

きっと、あなたもたくさん感動すること間違いなし。

それでは、はるか遠い島を舞台に展開されるこの物語について、さっそく確認していくことにいたしましょう。

 

『モアナと伝説の海』について

 

『モアナと伝説の海』は、太平洋の島を舞台に少女が活躍するという内容です。

しかし、数ある3D映画の中でも、本作はかなりクオリティが高いと言えそうです。

それもそのはず、この映画は、スタッフたちの熱意が並大抵ではなかったからなのです。

なんと、映画の製作に関しては、5年がかりという、なんとも膨大な時間が費やされたのだといいます!

ジョン・マスカー監督は、最初からポリネシアの島に関心を持っていました。

そこで、この映画のスタッフたちは、実際に島民たちと親交を持つことにして、島について少しずつ学んでいったのだそうです。

クリエイターという職業とはいえ、かなりストイックすぎる話ですよね。

それゆえに、『モアナと伝説の海』は、単なる冒険映画ではありません。

ポリネシアの島の人々の独特の文化や考えといったものが反映された、きわめて興味深いものとなっているのですね。

公開されて観客から大きな反響を呼んだのは当然ですが、批評家たちの評価も大きなものでした。

アニー賞では、6つの部門にノミネートされ、視覚効果賞とボイスキャスト賞を受賞!

ほか、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞、英国アカデミー賞など、数々の映画賞にノミネートを果たしています。

 

『モアナと伝説の海』見どころ

 

『モアナと伝説の海』は、太平洋の島を舞台に少女が活躍するという内容です。

しかし、数ある3D映画の中でも、本作はかなりクオリティが高いと言えそうです。

それもそのはず、この映画は、スタッフたちの熱意が並大抵ではなかったからなのです。

なんと、映画の製作に関しては、5年がかりという、なんとも膨大な時間が費やされたのだといいます!

ジョン・マスカー監督は、最初からポリネシアの島に関心を持っていました。

そこで、この映画のスタッフたちは、実際に島民たちと親交を持つことにして、島について少しずつ学んでいったのだそうです。

クリエイターという職業とはいえ、かなりストイックすぎる話ですよね。

それゆえに、『モアナと伝説の海』は、単なる冒険映画ではありません。

ポリネシアの島の人々の独特の文化や考えといったものが反映された、きわめて興味深いものとなっているのですね。

公開されて観客から大きな反響を呼んだのは当然ですが、批評家たちの評価も大きなものでした。

アニー賞では、6つの部門にノミネートされ、視覚効果賞とボイスキャスト賞を受賞!

ほか、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞、英国アカデミー賞など、数々の映画賞にノミネートを果たしています。

 

『モアナと伝説の海』は2017年7月5日 auビデオパスで配信決定

TSUTAYAさん、ゲオさん店舗でDVDをレンタルすることもあると思いますが、

dvdレンタルが出来なかった・・・貸し出し中だった・・借りれなかった

 

そう言う方はauビデオパスがいいですよね

auビデオパス

auビデオパス-300x138 モアナと伝説の海 映画 動画 吹き替え無料視聴フルauビデオパス配信
『モアナと伝説の海』の配信情報は2017年6月27日時点のものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性があるので、現在の配信状況についてはauビデオパスのホームページでご確認ください。

 

auビデオパスの30日間無料お試しはこちらから

 

auビデオパス-300x138 モアナと伝説の海 映画 動画 吹き替え無料視聴フルauビデオパス配信au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

『モアナと伝説の海』キャスト

 

モアナ(アウリイ・クラヴァーリョ)

ベビー・モアナ(ルイーズ・ブッシュ)

マウイ(ドウェイン・ジョンソン)

トゥイ(テムエラ・モリソン)

シーナ(ニコール・シャージンガー)

タラ(レイチェル・ハウス)

タマトア(ジェマイン・クレメント)

ヘイヘイ(アラン・テュディック)

 

『モアナと伝説の海』スタッフ

 

監督:ジョン・マスカーさん、ロン・クレメンツ

製作:オスナット・シューラー

製作総指揮:ジョン・ラセター

脚本:ジャレッド・ブッシュ

音楽:マーク・マンシーナ

アニメーションスーパーバイザー:エリック・ゴールドバーグ

 

『モアナと伝説の海』あらすじ

 

舞台となるのは、モトゥヌイ島。

島の女神であるテ・フィティや、半神であるマウイに関する話を聞いた、少女のモアナ(アウリイ・クラヴァーリョ)。

彼女は、島を取り巻いている海について、ずっと興味を持ちながら育ちました。

しかしながら、モトゥヌイ島には、サンゴ礁を越えることを禁じるという、ルールがあったのです。

実は村長のトゥイ(テムエラ・モリソン)の跡を継いで島を治める運命にあった、モアナ。

それゆえ、自分の立場を理解してはいるものの、どうしても彼女の海への関心は消えないままなのでした。

そんななか、モトゥヌイ島は、魚や食料が手に入らないという事態に直面してしまいます…。

モアナは魚を捕まえるため、サンゴ礁をあえて越えてはどうかと主張しますが、もちろん、トゥイは許しません。

一方、祖母のタラ(レイチェル・ハウス)は、モアナは特別な存在だと告げて、亡くなります…。

やがて、モアナはサンゴ礁を越えることを決心し、海へと挑むのでした。

 

『モアナと伝説の海』ドウェイン・ジョンソンさんについて

 

『モアナと伝説の海』の出演者といえば、存在感的には、主人公ではないものの、マウイ役のドウェイン・ジョンソンさんに尽きますね。

彼は、一般的には、「ザ・ロック」の通称でよく知られています。

この映画においては声優として登場している、ドウェイン・ジョンソンさん。

しかし、最初から声優や俳優だったというわけではなく、彼はもともとプロレスラーなのでした!

俳優としては、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』や、その続編である『スコーピオン・キング』で一躍有名になりました。

これらで演じたスコーピオン・キングという役は、いまでも彼の代表的な役として、多くの視聴者の記憶に残っていることでしょう。

ほかにも、ドウェイン・ジョンソンさんの出演作については、『ウィッチマウンテン/地図から消された山』など、盛りだくさんです。

『モアナと伝説の海』には、声優での参加ということですので、その姿が拝めません。

これでは少しもったいないですので、彼に興味を持った方は、ほかの実写映画のチェックもおすすめですよ!

モアナと伝説の海を見た映画館で見た感想

夢と希望をいつも与えてくれるディズニー作品であります。

 

そんな新しいプリンセスが登場するのが、「モアナと伝説の海」であります。

 

ハワイの風景と勘違いしてしまうぐらいの綺麗な海と島々が印象に残ります。

 

そんな「モアナと伝説の海」の物語は、女神テ・フィティが存在しており、その心が命を創り出す力を持ち合わせており、海しかなかったこの世界に島、植物、動物を誕生させたという伝説がありました。

 

そんな中、ある者が心を奪い世界が闇に進まれ始めた。そして、そんな危機が迫るこの世界にある1人の娘が誕生しました。それが、モアナであります。

 

モアナは、幼い頃から海に惹かれておりました。

 

しかし、モアナが生まれたモトゥヌイ島は、珊瑚礁より超えてはいけない掟が存在しておりました。

 

そして、モアナが大きくなるにつれて海とは距離を取り始めました。そんな最中に島では作物や魚が取れないということが目立ち始めました。

 

モアナは、おばあちゃんからある事実を教えられるのでした。

 

そして、おばあちゃんの死が訪れると同時にモアナは海へとある決意をして飛び出していくのでした。

 

そんなプリンセスを応援したくなる作品になっております。

 

そして、ディズニーファンには堪らない小ネタが多く存在しているのでそちらでも楽しめます。

 

モアナと伝説の海を映画館にあまり行かない人にも映画館で見た感想を聞いてみました

 

今までアニメの映画はわざわざ映画館で見ない主義でしたが、今回のディズニー作品は何故か惹かれて、1人で観に行きました。

海に選ばれた少女が初めて大海原に挑み、数々の試練や困難に立ち向かうという、今までのディズニー作品とはちょっと違う内容で見ていて展開が面白かったです。

 

モアナの成長や心の葛藤、家族愛などがリアルに描かれていて涙する場面もいくつかありました。

 

あまりに感情移入してしまうシーンが多すぎて隣の人がチラ見していたのを感じました。

 

そしてなんと言っても映像のクオリティが高く、さすがディズニー‼︎ですね。

 

海の偉大さ、自然の壮大さが本当に鮮明に描かれていて息を呑むシーンばかりでした。

 

水の泡、しずく、木々の揺れなど本当に手元にあるような錯覚を起こしてしまいそうなぐらい鮮明でした。

 

あのクオリティは今までのディズニー作品の中でトップに君臨するほどだと私は思っています。

 

そして音楽も最高でした。モアナの自分自身の葛藤や迷い、期待などが歌や音楽でも表現されていました。

 

モアナの心情が表現された歌が、開放的な大海原と良い感じにマッチしていてこちらまで気持ちが高ぶるほどでした。

 

今までのディズニー作品のプリンセスといえばロマンスが付き物でしたが、モアナはノンロマンスで、期待を良い意味で裏切りましたが、この新しい感じが私は好きです。

 

モアナと伝説の海は素晴らしい映像と力みなぎる歌のファンタジーアドベンチャーでした。

 

『モアナと伝説の海』まとめ

 

『モアナと伝説の海』は、あらすじだけを見ると、アドベンチャー&ファンタジーといった趣ですよね。

しかし、すでにご説明しましたように、その製作の背景には、とても奥深いものがありました。

純粋にアドベンチャーやファンタジーとして鑑賞しても、もちろん面白いでしょう。

一方で、ポリネシアの文化に思いをはせながら作品を味わうというのも、かなり意義がある見方ではないかと思います。

3D映画でとても観やすく作られている点も、嬉しいですね!

未見の方は、この機会にぜひ鑑賞してみてくださいね。

 

auビデオパス-300x138 モアナと伝説の海 映画 動画 吹き替え無料視聴フルauビデオパス配信au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

 

モアナと伝説の海映画動画pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、pideo、bilibili、rutubu、ようつべ、kissacfunpideo、デイリーモーション、、daily、dairy、pandraについては当サイトにはありません