藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス

藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス、U-NEXTで見れる

 

藁の楯は、2017年6月30日の金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)で地上波テレビで放送されますが録画し忘れた方や見逃し配信を無料視聴でなんとか見たい方への記事です。

藁の楯の見逃したテレビドラマを見る方法ですが見逃し配信を無料視聴する方法に
auビデオパス、u-nextは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているので無料視聴できます。

本記事では

①藁の楯映画動画金曜ロードショー(金曜ロードSHOW)が無料で(一カ月間の無料お試しキャンペーンしているauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」について)

②藁の楯の映画のネタバレ、感想のアンケート調査口コミ

の記事を書いています。

この藁の楯の映画の動画が無料視聴・見逃し配信できるのが、auビデオパス(KDDI)

そしてdocomoやソフトバンクユーザーでも使える作品数が12万本と言う「U-NEXT(ユーネクスト)」の一カ月間の無料お試しキャンペーンに入ると、藁の楯が入会特典で無料視聴できます。

VODauビデオパスや「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは下記です。

(間違いがないようにU-NEXT、auビデオパスの管理画面をつけておきます)

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス

KDDIのauビデオパスの公式サイトは下記です

 

auビデオパスの31日間無料トライアルはこちらから

 

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパスau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは下記です

 

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちらから

 

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

藁の楯の予告動画あらすじ、ネタバレ

藁の楯のキャスト

出演者
大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀
永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努

音楽
遠藤浩二

主題歌
氷室京介
「NORTH OF EDEN」

藁の楯 映画 動画の無料視聴フルhd、auビデオパス

auビデオパスは、月額540円です。

auユーザーは、映画館に行くと700円割引あるのでそれでもう映画好きには無料になります
さらにこの540円が一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、0円で、その期間も見放題や最新話も入会特典で見れるサービスです。

ダウンロード再生ができるのでスマホの電源さえあればいつでも通信費用をかけることなく動画が楽しめます。

勿論高画質streaminの再生もできます

 

KDDIのauビデオパスの公式サイトは下記です

 

auビデオパスの31日間無料トライアルはこちらから

 

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパスau/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

藁の楯映画動画の無料視聴「U-NEXT(ユーネクスト)」

「U-NEXT(ユーネクスト)」も一カ月間の無料お試しキャンペーンしているおり藁の楯が無料視聴・見逃し配信(再放送)できます。

U-NEXTの大きな特徴は

NHKオンデマンドが見れる=NHKやNHKBS番組がいつでも見逃し配信動画で見れます。

BS契約より安くつくのが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。
「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは下記です

 

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちらから

 

auビデオパス し、ま 藁の楯 金曜ロードショウ6月30日見逃した無料視聴はauビデオパス「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

藁の楯の感想、魅力

20代女性

映画「藁の盾」を観ました。藤原竜也の演じる殺人犯のクズを守るため、大沢たかおの演じるSPが奮闘する物語。

藤原さんのファンの私としては彼のキャラクターの見事なまでのクズっぷりが嬉しいやら腹立たしいやらで複雑な心境です。

 

物語の主人公はSPを務める「銘苅一基」。

彼が護送を任された護衛対象というのが、少女殺害の前科一犯の上に釈放後すぐにまた同じような犯罪を繰り返した青年「清丸国秀」です。

銘苅が清丸を何から守るのかと言えば、それは日本国民全員からです。

というのも清丸に殺された少女というのが政財界の大物である蜷川隆興の孫娘であり、この蜷川が「清丸を殺した者に懸賞金10億円を出す」と大々的に宣伝してしまったからです。

そして清丸は殺人事件こそ東京で起こしたものの、出頭した場所は事件後に潜伏していた地である福岡でした。つまり福岡―東京間を移送する間、彼の事を懸賞金目当ての輩達から守らなければならなくなってしまったのですね。

この東京までの移動中に起こる様々な障害やドラマが本作のメインとなります。

 

10億円という破格の懸賞金に釣られ、次から次へと現れる襲撃者達。それは何でもなさそうな通りすがりの人物から、本来は彼を守らなければならない警官に至るまで多種多様な顔ぶれです。

 

それぞれ自分ならではの凶器や殺害手段を用意してくるので、見ているこちらは予想外の展開にハラハラさせられっぱなしで退屈しません。

また作中では清丸と他の誰かの安全を天秤にかける場面が度々あり、視聴者も一緒になって「もう清丸を見捨てた方がいいのではないか?」と悩まされます。

映画を見始めた当初は「それでも刑事なんだから職務を全うすべきでは……」と思っていた私も、話が進むにつれてどんどん明らかになってくる清丸のクズっぷりを知る内に段々と「皆の言うとおり清丸に守る価値なんて無いのかも……」と心が揺れてきます。

一方で銘苅の言う「金の話が出てくると、アンタら襲撃者の言ってる事が全部言い訳にしか聞こえなくなる」というのも本当ですよね。いくら清丸が外道だからといっても、それで「10億なんて要らないから清丸の命を奪ってしまえ!」となるかと言われると、きっとそうはならないと思うのですよね。そんな風に色々と考えさせられてしまう一作でした。