思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法

スタジオジブリの作品『思い出のマーニー』(米林宏昌監督)は、イギリスの作家ジョーン・ロビンソン(1910―1988)による同名児童文学が原作になり、北海道を舞台に移し、心を閉ざしたアンナが、“青い窓”がある屋敷に暮らす金髪の少女・マーニーと出会い、不思議なひと夏を過ごすファンタジーで、児童文学ファン(もちろん、宮崎監督もそのひとり)の間では、長年支持されている“隠れた名作”です。

 

思い出のマーニーはツタヤディスカスで見れます

一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、レンタル8枚に動画視聴1080ポイントもらえます

再入会キャンペーンもしているのでお得です

 

『思い出のマーニー』見どころ

 

『思い出のマーニー』の見どころは、ジブリ作品をこれまで支えてきた宮崎駿監督と、高畑勲監督の巨匠2人が作品に一切かかわっていないというところです。

そして、スタジオジブリ作品で初となる杏奈とマーニーのダブルヒロインという設定です。

杏奈とアーニーの友情を育んでいく描写は、同年代の女の子には、物語が身近に感じられる作品になっているものだと感じます。

舞台となった北海道の風や湿度、夜の湖を杏奈とマーニーがボートに乗って散歩するシーンは美しく、水の冷たさまでもが体験したように心に残る映像も見どころになります。

 

映画を見る時のお勧めauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」

auビデオパスもU-NEXTも一カ月間の無料お試しキャンペーンしているので最新作映画が無料視聴できます

 

ダウンロード再生が出来るし、レンタルDVDと同時もしくは早くレンタル待ち無で

便利です

 

auビデオパス公式サイ下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

gifbanner?sid=3351711&pid=884755254 思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」公式サイトは下記です
(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

gifbanner?sid=3351711&pid=884755254 思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

『思い出のマーニー』キャスト

 

佐々木杏奈(高月彩良)

マーニー(有村架純)

佐々木頼子(松嶋菜々子)

山下医師(大泉洋)

美術教師(森崎博之)

みよ子(白石晴香)

大岩清正(寺島進)

大岩セツ(根岸季衣)

彩香(杉咲花)

武(石井マーク)

久子(黒木瞳)

信子(頼経明子)

十一(安田顕)

町内会役員(音尾琢真)

老婦人(森山良子)

ばあや(吉行和子)

マーニーの母(甲斐田裕子)

マーニーの父(戸次重幸)

絵美里(石山蓮華)

 

『思い出のマーニー』スタッフ

 

原作:ジョーン・G・ロビンソン

脚本:丹羽圭子 ほか

監督:米林宏昌

製作:鈴木敏夫

音楽:村松崇継

作画監督:安藤雅司

美術監督:種田陽平

色指定:加島優生

映像演出:奥井敦

音響演出:笠松広司

編集:松原理恵

制作:星野康二、スタジオジブリ

プロデューサー:西村義明

 

『思い出のマーニー』あらすじ

 

12歳の杏奈は、幼いころに両親を事故で亡くし、養母と暮らしていますが、杏奈は「もらわれっ子」であることに悩んでいました。

両親が自分が残して死んだことに対し、頭では仕方のないことだと理解しながらも、杏奈の心には置き去りにされたという”わだかまり”が残っていたのです。

周囲と上手く溶け込むことができず、養母との関係性もよくなく、療養地で持病の気管支喘息の静養を行うことになります。

療養地で杏奈はマーニーという少女に出会い、マーニーは、古びで無人となったはずの“湿っ地屋敷”に住んでおり、杏奈は、マーニーや屋敷に、不思議な既視感や親しみを感じていました。

杏奈は、マーニーの友人だったという久子にマーニーの過去を聞きます。

さらには、杏奈が児童保護施設に引き取られる際に持っていたという写真に、マーニーの署名があったことから、杏奈はマーニーの孫であることが判明します。

マーニーは、亡くなった両親代わりに、自身が病死するまで安奈を育ててくれていたのでした。

杏奈は、マーニーの思い出話を聞いていたため、屋敷で既視感や親しみを感じていたのでした。

マーニーとの関係性を知り、杏奈は母・頼子と親子としての繋がりを感じることができるようになったのでした。

 

『思い出のマーニー』出演者のネタ

 

今回監督を務める、米林 宏昌(よねばやし ひろまさ)監督たっての希望で、オーディションが開かれ、300人もの参加者が集まり、その中で、オーディション一人目に有村架純さんが登場し、杏奈の前に現れる謎の金髪の少女・マーニー役に即決したそうです。

しかも米林監督と西村義明プロデューサーは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした有名な有村架純さんを知らず、純粋に声だけで選んだとのことで二人とも即決だったそうです。

 

『思い出のマーニー』まとめ

 

苦しみを抱えた主人公、杏奈の目に映る世界の残酷さがリアルで、世界と折り合えない少女の内面をリアルに描いて共感を呼ぶ、かつてないジブリ作品になっています。

ラストにはどんでん返しが待っていますが、観て損はない良質なジブリ作品になっています。