アンダーカバー 映画 動画フル無料実話ラドクリフ2016auビデオパス配信

アンダーカバー  映画 動画実話ベースのラドクリフさん主演2016が配信でフルhd無料視聴できる!

 

ということで記事をお伝えします。

 

TSUTAYAさん、ゲオさん店舗でDVDをレンタルすることもあると思いますが、

アンダーカバーの映画のdvdレンタルが見つからない、借りれない、貸し出し中なので

 

そう言う方の為に今回はauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴できることについて説明します<m(__)m>

 

今回ご紹介する映画は、『アンダーカバー』という作品になります。

緊張感あふれるあらすじといい、キャスティングの豪華さといい、非常に見ごたえが期待できる映画ですね。

サスペンス好きの方であっても、やや深い感じの映画が好きな方であっても、両方とも満足できるような内容ではないかと思います。

後で述べますように、主人公が超人気俳優ですので、ファンだという方は、『アンダーカバー』は必見でしょう!

それでは、見どころ、あらすじなど、いろんなことを確認していきたいと思います。

 

『アンダーカバー』見どころ

 

『アンダーカバー』は、「人種差別問題」をテーマにしたという、かなりの問題作になります。

しかも、ネオナチまで登場するといいますから、かなりシリアスな感じがしますよね。

もちろん、そういうストーリーではありますが、捜査ものですので、純粋にエンターテインメントとしても楽しむことができるでしょう。

大まかにいえば、「潜入捜査」ものということになっております。

このように、相当な意欲作といえる、『アンダーカバー』。

しかし、なによりも注目すべきポイントとして、主演者の存在が挙げられるでしょう。

主人公のネイトを演じるのは、なんと、あのダニエル・ラドクリフさん!

彼はこれまで、言わずと知れた『ハリー・ポッター』シリーズで活躍してきました。

俳優デビューからかなりの年月が経ちますが、本作ではかなり重い役を演じるということで、期待したいですよね。

『ハリー・ポッター』の彼も魅力的でしたが、従来とはまったく異なったジャンルへ挑戦する姿も見逃せません。

あらたな境地を切り開いていくダニエル・ラドクリフさんをお見逃しなく!

 

『アンダーカバー』 auビデオパスで7月5日より配信決定です

 

auビデオパス

auビデオパス-300x141 アンダーカバー  映画 動画フル無料実話ラドクリフ2016auビデオパス配信

アンダーカバー 映画dvdラベルもかっこいいけど、auビデオパスで見れます

 

auビデオパスの30日間無料お試しはこちらから

 

auビデオパス-300x141 アンダーカバー  映画 動画フル無料実話ラドクリフ2016auビデオパス配信au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

『アンダーカバー』キャスト

 

ダニエル・ラドクリフ(ネイト)

トニ・コレット(ザンパーロ)

トレイシー・レッツ(ダラス)

デヴィン・ドルイド(ジョニー)

パヴェウ・シャイダ(ヴィンス)

ネスター・カーボネル(トム)

サム・トラメル(ジェリー)

 

『アンダーカバー』スタッフ

 

監督:ダニエル・ラグシス

製作:タイ・ウォーカー、サイモン・トーフィック、デニス・リー、ダニエル・ラグシス

製作総指揮:アンドリュー・マン、バリー・ブルッカー、スタン・ワートリーブ、ジェフ・エリオット、チャド・ムーア、ローレン・セリグ、ウォーレン・ゴズ、エリック・ゴールド

原案:マイケル・ジャーマン

脚本:ダニエル・ラグシス

撮影:ボビー・ブコウスキー

美術:クリステン・アダムス

衣装:エイミー・アンドリュース

音楽:ウィル・ベイツ

音楽監修:ジョー・ラッジ

編集:サラ・コリガン

 

『アンダーカバー』映画ネタバレ、あらすじ(アンダーカバー 映画 実話?)

 

ワシントンにおいて、6つの缶に入れられた放射性物質セシウムがなくなってしまって、大変な騒ぎになってしまいました。

FBIは、テロのために利用されるのではないかと警戒していきます。

ネオナチの組織が事件にかかわっていると考えた捜査官のザンパーロ(トニ・コレット)は、彼らを捜査することに決めました。

そこで、ネオナチの組織への潜入捜査が行われるということになり、捜査官のネイト(ダニエル・ラドクリフ)のもとへ、その任務に携わるよう話が来ます。

ネイトの任務とは、ネオナチであるダラス(トレイシー・レッツ)について調べるというものでした。

反対する者もいる中、周囲から軽く見られていたネイトは、実績作りのため、これに応じることにしました。

さっそく頭をスキンヘッドにして、みずからもネオナチであるように装って、組織へと潜入することに成功した、ネイト。

しかし、そんな彼を待っていたのは、想像以上のネオナチの世界なのでした。

 

アンダーカバー 映画 ラドクリフ(ダニエル・ラドクリフさんについて)

 

出世作である『ハリー・ポッター』シリーズからひと段落し、すっかり大人の俳優になった、ダニエル・ラドクリフさん。

彼の俳優としてのキャリアは、ドラマ『デビッド・コパーフィールド』から始まりました。

『ハリー・ポッターと賢者の石』でハリー・ポッターを演じるようになったきっかけは、映画スタッフによる事実上の引き抜きだったそうです。

わざわざオーディションが実施されていたものの、適役がいなかったため、映画スタッフが発掘したダニエル・ラドクリフさんが、オーディション参加を経て、抜擢されたというわけでした。

あれだけの映画の主人公ともなれば、オーディションでもなかなか見つからないのは当然でしょう。

それを横から射止めるとは、よほど天性のものがあったに違いありません!

いまだにハリー・ポッターのイメージが強い彼ですが、舞台でヌードを披露するなど、もはや一般的な俳優として認知されて当然の状況です。

『アンダーカバー』がさらなる躍進へのはずみになればいいですね。

 

アンダーカバー 映画 評価まとめ

 

まさか、あのダニエル・ラドクリフさんがネオナチ(への潜入捜査役)になるとは、衝撃的ですよね!

歳月というものを感じずにはいられません。

あれだけ特定の作品で有名になってしまえば、そのイメージから脱却したり、あらたな代表作に挑むのは、並大抵のことではないでしょう。

『ハリー・ポッター』といえば、エマ・ワトソンさんも女優として成長を遂げています。

ダニエル・ラドクリフさんの進化を確認した方は、『アンダーカバー』の鑑賞をお忘れなく。