シンゴジラ 動画 フル 無料配信auビデオパス、U-NEXTと感想まとめ

シンゴジラ 動画 フル 無料auビデオパス、U-NEXT(ユーネクスト)とみんなの感想や主演石原さとみさんの魅力

シンゴジラの動画ですが、フルhdでstreamin再生も出来て、ダウンロード(dl)再生も出来て」、通信をかけずに動画視聴することも可能で一カ月間の無料お試しキャンペーンしているauビデオパス、U-NEXTの解説とみんなの感想やキャスト石原さとみさんについてアンケートしました
『シン・ゴジラ』は、2016年7月29日公開の日本映画で、ゴジラシリーズの第29作です。

『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラシリーズとます

ハリウッドでもリメイクされましたね

総監督・脚本は庵野秀明さん(新世紀エヴァンゲリオンシリーズ)、監督・特技監督は樋口真嗣さん(実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズ)、主演は長谷川博己です。

このシン・ゴジラですが、VOD(ビデオオンデマンド動画視聴サービス)の無料お試しキャンペーンで、無料視聴できます。

私がお勧めするのは、auユーザーは、「auビデオパス」

ドコモやソフトバンクの方は、「U-NEXT(ユーネクスト)」です

 

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、31日間は、シンゴジラが無料視聴できます。

 

見放題作品や電子書籍、コミックなんかも見れるのが特徴です。

シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 フル 無料配信auビデオパス、U-NEXTと感想まとめ

「auビデオパス」の公式サイトは、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 フル 無料配信auビデオパス、U-NEXTと感想まとめ動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 フル 無料配信auビデオパス、U-NEXTと感想まとめ

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 フル 無料配信auビデオパス、U-NEXTと感想まとめ「U-NEXT(ユーネクスト)」の一カ月間の無料お試しキャンペーン公式サイト

 

 

 

シンゴジラ 動画 映画 無料フルみんなの感想

30代女性

まずエヴァンゲリオンで有名な庵野監督が実写版の映画、しかもゴジラという使い古された題材をどのように扱うのか大変興味をもち見るなら映画館でという少し斜めからの感じで見させていただきました。

テレビのCM程度の情報で余計な情報を入れずに観に行くつもりでしたが行政の仕事にも関わっていたので川崎市が押していることで少し余計な情報を仕入れて見る事となりました。

まずは素直に面白いと言わざるを得ませんでした。

冒頭の海上の無人船はよくあるこの手の映画の導入の仕方だなこれも狙いか?と思い観ていました。

しかしその後のすぐゴジラが現れるような展開に驚かされそして早くもゴジラ登場、と思ったらそのフォルムの不格好さとコミカルさに「何で!」と思いっきりはぐらかされた為のめり込んでしまいました。

やはりうたい文句通り実像と虚像の対決という展開はあっぱれと言うしかありませんでした。

冒頭のゴジラ出現で政府の各省庁の前例や自身の思惑などで対応の押し付け合は本当にこんなことやってるんだろうなと思わせられました。

政府が現実でも本音であろう首都を守るために攻防が行われた多摩川決戦は怪獣映画の醍醐味の緊迫感の中での破壊のシーンは今までのゴジラ史上最高傑作だと思います。

その緊迫感の中にコミカルさや庵野監督特有の見るものを混乱に陥れ気付かされる今までの怪獣映画にとどまらないオマージュに感服しました。

特にラストシーンはその後の展開を思わせつつ監督自身の過去の作品への結びつけ方もあり「どう取れば良いのだ!」と静かに突き放すエンディングはさすがとおもいました。

願わくは庵野監督で続編は絶対作らずにファンを混乱させたまま次の監督にゴジラを預けていただきたいものです。

40代男性

かつてヒット作を飛ばし続けたゴジラ作品は近年カゲをひそめました。

 

CGの発達に伴い、どんな怪獣でも映像化できるようになった今、着ぐるみの怪獣はマッチしなくなったようで、内容もマンネリ化したようです。

 

しかしこの『シンゴジラ』は違いました。

 

映画はゴジラ映画の原点に返っています。内容的にはオリジナルのゴジラとパターンは同じです。

 

それでも見るとこんな素晴らしいゴジラ映画は無いと思うくらいの出来です。自分なりに検証してみました。

ゴジラの発見は現代流にネットなどから広がりを見せます。

 

オリジナルは目撃証言でしたが、時代に合わせています。

 

そしてゴジラ登場からが見ものでした。

 

それは政府の対応です。

 

首相を囲んで閣僚や自衛隊関係者たちが対策を練ります。

 

決断をするのは首相です。

このシーンを見ていると今の日本で有事になったらどうなるのかという内容に置き換えられると思います。

首相に決断を迫る閣僚たち。

 

悩む首相に自分の責任じゃないような周りの閣僚、そして淡々と指示を出す防衛大臣と見ていると本当にこんな感じでやっているようで見ごたえがありました。

 

更に逃げる市民たちです。

 

この映画ではCGと組み合わせて迫力の映像に出来上がっています。このシーンも有事を想定してしまいました。そしてゴジラと自衛隊の武器を使った闘いとなります。

 

時を同じくして戦争法と言われる憲法解釈による自衛隊の攻撃に関する法律が成立しました。

今実際に起こっている事と『シンゴジラ』の内容が異様にマッチしていて時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

ゴジラという怪獣と日本政府の人間模様の融合がこの映画をより面白くしています。

 

私にとってこの『シンゴジラ』はオリジナルを超えるくらいの傑作といえる作品です。

 

シンゴジラ 動画 映画 無料フルキャスト

 

矢口 蘭堂(長谷川博己)

赤坂 秀樹(竹野内豊)

カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)

大河内 清次(大杉漣)

東 竜太(柄本明)

郡山 肇(渡辺哲)

花森 麗子(余貴美子)

里見 祐介(平泉成)

金井 光二(中村育二)

河野 純(浜田晃)

柳原 邦彦(矢島健一)

関口 悟郎(手塚とおる)

葉山 達也(信太昌之)

菊川 俊介(横光克彦)

岩田 剛(岩田頼信)

佃 駒人(川合つと)

国平 修一(大林丈史)

鵜飼 真一朗(松澤仁晶)

大野 孝博(小野孝弘)

大山 修治(大槻修治)

河溝 丈文(川口丈文)

森 学(三浦清光)

会田 晴臣(水野智則)

森戸 柊志(土屋良太)

平岡 君男(佐藤貢三)

壱岐 治(日中泰景)

沖 良郎(野口雅弘)

松本 誠一(蒲生純一)

久松 明(加藤貴宏)

風越 達雄(神尾佑)

片山 修一(嶋田久作)

泉 修一(松尾諭)

松沢(中島伸)

志村 祐介(高良健吾)

森 文哉(津田寛治)

尾頭 ヒロミ(市川実日子)

間 邦夫(塚本晋也)

安田 龍彦(高橋一生)

袖原 泰司(谷口翔太)

小松原 潤(三輪江一)

立川 始(野間口徹)

竹尾 保(小松利昌)

警察庁危機管理担当要員(加藤厚成)

消防庁危機管理担当要員(阿部翔平)

根岸 達也(黒田大輔)

町田 一晃(吉田ウーロン太)

財前 正夫(國村隼)

矢島(鶴見辰吾)

浜田(山中敦史)

石倉(國本鐘建)

小沢(中田春介)

北野(近童弐吉)

山本(岸端正浩)

山岡(小林隆)

三木(橋本じゅん)

鮫島(吉家章人)

芦田(石垣佑磨)

池田(斎藤工)

村崎(KREVA)

西郷(ピエール瀧)

戸川(川崎誠一郎)

丹波(鳥山昌克)

松井(松井晶熙)

野城(大内厚雄)

甲斐(堀岡真)

村山(ムラヤマ・J・サーシ)

菊池(菊池康弘)

ケネス・ランシング(チャールズ・グラバー)

リヒター(ドン・ジョンソン)

リーマン・ペイン(Gil)

カートランド(スミス・スティーブン)

グレアム・カスリー(トム・ドーラン)

カップルの女(前田敦子)

小塚(光石研)

東京都知事。

川又(藤木孝)

田原(諏訪太朗)

恩地(河野洋一郎)

ベテラン記者(川瀬陽太)

新人記者(三浦貴大)

沢口 龍彦(古田新太)

本部(モロ師岡)

早船 達也(松尾スズキ)

志賀(犬童一心)

柳(緒方明)

塙(原一男)

消防隊隊長(小出恵介)

牧 悟郎(岡本喜八:写真のみの出演)

モレリ(ダニエル・アギラル)

ゴジラ ※モーションキャプチャ(野村萬斎)

 

『シン・ゴジラ』映画動画スタッフ

 

総監督・脚本・編集:庵野秀明

監督・特技監督:樋口真嗣

准監督・特技総括・B班監督:尾上克郎

C班監督:石田雄介

D班撮影・録音・監督:摩砂雪・轟木一騎・庵野秀明

撮影:山田康介

照明:川邊隆之

画像設計:庵野秀明

録音:中村淳

整音:山田陽

音響効果:野口透

音響設計:庵野秀明

編集・VFXスーパーバイザー:佐藤敦紀

音楽:鷺巣詩郎、伊福部昭

美術:林田裕至・佐久嶋依里

美術デザイン:稲付正人

装飾:坂本朗、高橋俊秋

総監督助手:轟木一騎

スクリプター:田口良子、河島順子

キャスティングプロデューサー:杉野剛、南明日香

助監督:足立公良

自衛隊担当:岩谷浩

製作担当:片平大輔

特撮班撮影:鈴木啓造・桜井景一

特撮班照明:小笠原篤志

特撮班美術:三池敏夫

特撮班録音:郷右近秀利

特撮班操演・特殊効果:関山和昭

特撮班スクリプター:増子さおり

特撮班助監督:中山権正

ゴジラコンセプトデザイン:庵野秀明

ゴジライメージデザイン:前田真宏

ゴジラキャラクターデザイン・造形:竹谷隆之

特殊造形プロデューサー:西村喜廣

VFXプロデューサー:大屋哲男

CGプロデューサー:井上浩正

CGディレクター:岩本晶

CGスーパーバイザー:伏見剛

ゴジラアニメーションスーパーバイザー:佐藤篤司

ゴジラコンセプトアニメーター:熊本周平

イメージボード:前田真宏、林田裕至、丹治匠

画コンテ:轟木一騎、摩砂雪、鶴巻和哉、前田真宏、樋口真嗣、庵野秀明

特殊建機小隊エンブレムデザイン:出渕裕

VFX:白組

プリヴィズ:スタジオカラー

製作:市川南

企画協力:神山健治、浜田秀哉、川上量生

エグゼクティブプロデューサー:山内章弘

プロデューサー:佐藤善宏、澁澤匡哉、和田倉和利

ラインプロデューサー:森徹、森賢正

製作プロダクション:東宝映画、シネバザール

製作・配給:東宝

 

『シン・ゴジラ』映画動画フルあらすじネタバレ

 

東京湾の羽田沖で漂流中のクルーザーが発見され、海上保安庁の職員が船内を確認しますが中は無人でした。

その直後、クルーザーが大きく揺れ水蒸気爆発が発生、その衝撃で東京湾アクアライン内、トンネル崩落事故が発生します。

その一報を受けて官邸内では緊急会議が開かれます。

当初は海底火山の噴火が原因という方向で対応を進めていますしたが、ただ、内閣官房副長官の矢口(長谷川博己)だけは海底に棲息する巨大不明生物の可能性を疑いますが取りあってもらえずにいました。

その直後、巨大な尻尾が海面に出現する様子がテレビで報じられました。

政府は認識を改め、災害対策本部を設置し、巨大不明生物を害獣と判断したうえで生物学者らを緊急で集めます。

その間にも巨大不明生物は東京湾から大田区の呑川を遡上し蒲田へ上陸し、街を破壊しながら品川に向かっています。

防衛省の調整により自衛隊が出動しますが、多くの民間人が犠牲になるため首相(大杉漣)は攻撃命令が出せずにいます。

その間にも巨大不明生物は形を変え、トカゲのような形態から二足歩行へと変異していました。

なんとか民間人をすべて避難させ自衛隊のヘリも攻撃できる態勢になります。

しかし、逃げ遅れた住民を発見、首相は攻撃中止を命じます。

ただ幸いなことに巨大不明生物はそれ以上暴れることなく東京湾へと戻っていきました。

破壊された街を視察した閣僚たちは絶句、矢口(長谷川博己)は対策の遅れを指摘します。

その後、東京湾を捜索をしますが巨大不明生物を発見することができにいました。

巨大生物の再度襲来に備え、矢口(長谷川博己)を事務局長とし様々な部署の突出した能力を有するが一癖も二癖もある問題児達を集めた「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置されることとなりました。

そして被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、付近の原発からの放射能漏れが無く巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源だと判明します。

米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は太古から生き残っていた深海海洋生物が不法に海洋投棄された大量の放射性廃棄物に適応進化した、「ゴジラ(Godzilla)」と名付けられた生物であることが判明したのです。

 

『シン・ゴジラ』映画のキャスト石原さとみさんの魅力について聞いてみました

 

私が思う石原さとみさんの魅力はまず、何と言ってもかわいさや綺麗さだと思います。

 

ドラマ中で石原さとみさんが着用している服は自分も欲しいという気持ちにさせられたり、石原さとみさんのような化粧がしたいと思ったり、髪型がしたいと思ったり、女性からみて真似したくなるような容姿が多くみられます。

 

石原さとみさんみたいになりたいと思っている女性がどれほどいるでしょうか。

 

男性からだけでなく、女性からも憧れられる女優さんは本当に魅力のある人だと思います。

 

また、いろんなドラマを拝見していますが、ハキハキ言う主人公の役のときもあれば、小悪魔な役、しっかりしてそうで実はもろかったりする役、いろんな顔の石原さとみさんを見かけます。

 

同じ人が演技してるんだということを忘れるくらいにその役その役が石原さとみさんにぴったりだと思わせられるのも魅力的です。

 

演技がすごくうまいんだろうなと思います。

 

また、声色の扱いも上手いのかなと最近は特に思います。

 

各キャラクターを演じる時にそのキャラクターの特徴をうまく捉えて演技されているので、ドラマを見ていて、ほんとそのドラマの世界観に入り込んでしまうような感じになります。

 

石原さとみさんは、単にかわいい、綺麗なだけでなく、女優さんとしてもとても素晴らしく魅力のある方だと思います。