シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法

シンゴジラ 動画 映画 無料視聴フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法

 

『シン・ゴジラ』は、2016年7月29日公開の日本映画で、ゴジラシリーズの第29作です。

『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラシリーズとなり、総監督・脚本は庵野秀明さん(新世紀エヴァンゲリオンシリーズ)、監督・特技監督は樋口真嗣さん(実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズ)、主演は長谷川博己です。

このシン・ゴジラですが、VOD(ビデオオンデマンド動画視聴サービス)の無料お試しキャンペーンで、無料視聴できます。

私がお勧めするのは、auユーザーは、「auビデオパス」

ドコモやソフトバンクの方は、「U-NEXT(ユーネクスト)」です

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、31日間は、シンゴジラが無料視聴できます。

見放題作品や電子書籍、コミックなんかも見れるのが特徴です。

シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法

「auビデオパス」の公式サイトは、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

 

 

 

 

auビデオパス」しま シンゴジラ 動画 映画 無料フルauビデオパス/U-NEXTで見る方法「U-NEXT(ユーネクスト)」の一カ月間の無料お試しキャンペーン公式サイト

 

 

 

シンゴジラ 動画 映画 無料フル見どころネタバレ

 

この映画の見どころは、決してゴジラが暴れるだけのB級特撮映画ではないところです。

”現日本にゴジラが現れたとしたら…?”というテーマに沿い住民の避難、自衛隊の出動(憲法第9条自衛権の放棄)、日米安全保障といった国防について、またゴジラを駆除するにもいちいち法案を提出し審議および決議をとらなければならないという日本の行政機関の仕組みについて描写されています。

ここには原発含め庵野監督の社会的なメッセージが盛り込まれています。このゴジラの出現という非現実的、フィクションな事象がこういった演出によりリアリティを増します。この映画を観終わったあとどこか考えさせられる、そんな映画です。

そして、総勢300名を超えるというキャストが出演、また戦車や護衛艦、戦闘機など数多くのメカニック兵器が登場しています。

 

シンゴジラ 動画 映画 無料フルキャスト

 

矢口 蘭堂(長谷川博己)

赤坂 秀樹(竹野内豊)

カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)

大河内 清次(大杉漣)

東 竜太(柄本明)

郡山 肇(渡辺哲)

花森 麗子(余貴美子)

里見 祐介(平泉成)

金井 光二(中村育二)

河野 純(浜田晃)

柳原 邦彦(矢島健一)

関口 悟郎(手塚とおる)

葉山 達也(信太昌之)

菊川 俊介(横光克彦)

岩田 剛(岩田頼信)

佃 駒人(川合つと)

国平 修一(大林丈史)

鵜飼 真一朗(松澤仁晶)

大野 孝博(小野孝弘)

大山 修治(大槻修治)

河溝 丈文(川口丈文)

森 学(三浦清光)

会田 晴臣(水野智則)

森戸 柊志(土屋良太)

平岡 君男(佐藤貢三)

壱岐 治(日中泰景)

沖 良郎(野口雅弘)

松本 誠一(蒲生純一)

久松 明(加藤貴宏)

風越 達雄(神尾佑)

片山 修一(嶋田久作)

泉 修一(松尾諭)

松沢(中島伸)

志村 祐介(高良健吾)

森 文哉(津田寛治)

尾頭 ヒロミ(市川実日子)

間 邦夫(塚本晋也)

安田 龍彦(高橋一生)

袖原 泰司(谷口翔太)

小松原 潤(三輪江一)

立川 始(野間口徹)

竹尾 保(小松利昌)

警察庁危機管理担当要員(加藤厚成)

消防庁危機管理担当要員(阿部翔平)

根岸 達也(黒田大輔)

町田 一晃(吉田ウーロン太)

財前 正夫(國村隼)

矢島(鶴見辰吾)

浜田(山中敦史)

石倉(國本鐘建)

小沢(中田春介)

北野(近童弐吉)

山本(岸端正浩)

山岡(小林隆)

三木(橋本じゅん)

鮫島(吉家章人)

芦田(石垣佑磨)

池田(斎藤工)

村崎(KREVA)

西郷(ピエール瀧)

戸川(川崎誠一郎)

丹波(鳥山昌克)

松井(松井晶熙)

野城(大内厚雄)

甲斐(堀岡真)

村山(ムラヤマ・J・サーシ)

菊池(菊池康弘)

ケネス・ランシング(チャールズ・グラバー)

リヒター(ドン・ジョンソン)

リーマン・ペイン(Gil)

カートランド(スミス・スティーブン)

グレアム・カスリー(トム・ドーラン)

カップルの女(前田敦子)

小塚(光石研)

東京都知事。

川又(藤木孝)

田原(諏訪太朗)

恩地(河野洋一郎)

ベテラン記者(川瀬陽太)

新人記者(三浦貴大)

沢口 龍彦(古田新太)

本部(モロ師岡)

早船 達也(松尾スズキ)

志賀(犬童一心)

柳(緒方明)

塙(原一男)

消防隊隊長(小出恵介)

牧 悟郎(岡本喜八:写真のみの出演)

モレリ(ダニエル・アギラル)

ゴジラ ※モーションキャプチャ(野村萬斎)

 

『シン・ゴジラ』映画動画スタッフ

 

総監督・脚本・編集:庵野秀明

監督・特技監督:樋口真嗣

准監督・特技総括・B班監督:尾上克郎

C班監督:石田雄介

D班撮影・録音・監督:摩砂雪・轟木一騎・庵野秀明

撮影:山田康介

照明:川邊隆之

画像設計:庵野秀明

録音:中村淳

整音:山田陽

音響効果:野口透

音響設計:庵野秀明

編集・VFXスーパーバイザー:佐藤敦紀

音楽:鷺巣詩郎、伊福部昭

美術:林田裕至・佐久嶋依里

美術デザイン:稲付正人

装飾:坂本朗、高橋俊秋

総監督助手:轟木一騎

スクリプター:田口良子、河島順子

キャスティングプロデューサー:杉野剛、南明日香

助監督:足立公良

自衛隊担当:岩谷浩

製作担当:片平大輔

特撮班撮影:鈴木啓造・桜井景一

特撮班照明:小笠原篤志

特撮班美術:三池敏夫

特撮班録音:郷右近秀利

特撮班操演・特殊効果:関山和昭

特撮班スクリプター:増子さおり

特撮班助監督:中山権正

ゴジラコンセプトデザイン:庵野秀明

ゴジライメージデザイン:前田真宏

ゴジラキャラクターデザイン・造形:竹谷隆之

特殊造形プロデューサー:西村喜廣

VFXプロデューサー:大屋哲男

CGプロデューサー:井上浩正

CGディレクター:岩本晶

CGスーパーバイザー:伏見剛

ゴジラアニメーションスーパーバイザー:佐藤篤司

ゴジラコンセプトアニメーター:熊本周平

イメージボード:前田真宏、林田裕至、丹治匠

画コンテ:轟木一騎、摩砂雪、鶴巻和哉、前田真宏、樋口真嗣、庵野秀明

特殊建機小隊エンブレムデザイン:出渕裕

VFX:白組

プリヴィズ:スタジオカラー

製作:市川南

企画協力:神山健治、浜田秀哉、川上量生

エグゼクティブプロデューサー:山内章弘

プロデューサー:佐藤善宏、澁澤匡哉、和田倉和利

ラインプロデューサー:森徹、森賢正

製作プロダクション:東宝映画、シネバザール

製作・配給:東宝

 

『シン・ゴジラ』映画動画フルあらすじネタバレ

 

東京湾の羽田沖で漂流中のクルーザーが発見され、海上保安庁の職員が船内を確認しますが中は無人でした。

その直後、クルーザーが大きく揺れ水蒸気爆発が発生、その衝撃で東京湾アクアライン内、トンネル崩落事故が発生します。

その一報を受けて官邸内では緊急会議が開かれます。

当初は海底火山の噴火が原因という方向で対応を進めていますしたが、ただ、内閣官房副長官の矢口(長谷川博己)だけは海底に棲息する巨大不明生物の可能性を疑いますが取りあってもらえずにいました。

その直後、巨大な尻尾が海面に出現する様子がテレビで報じられました。

政府は認識を改め、災害対策本部を設置し、巨大不明生物を害獣と判断したうえで生物学者らを緊急で集めます。

その間にも巨大不明生物は東京湾から大田区の呑川を遡上し蒲田へ上陸し、街を破壊しながら品川に向かっています。

防衛省の調整により自衛隊が出動しますが、多くの民間人が犠牲になるため首相(大杉漣)は攻撃命令が出せずにいます。

その間にも巨大不明生物は形を変え、トカゲのような形態から二足歩行へと変異していました。

なんとか民間人をすべて避難させ自衛隊のヘリも攻撃できる態勢になります。

しかし、逃げ遅れた住民を発見、首相は攻撃中止を命じます。

ただ幸いなことに巨大不明生物はそれ以上暴れることなく東京湾へと戻っていきました。

破壊された街を視察した閣僚たちは絶句、矢口(長谷川博己)は対策の遅れを指摘します。

その後、東京湾を捜索をしますが巨大不明生物を発見することができにいました。

巨大生物の再度襲来に備え、矢口(長谷川博己)を事務局長とし様々な部署の突出した能力を有するが一癖も二癖もある問題児達を集めた「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置されることとなりました。

そして被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、付近の原発からの放射能漏れが無く巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源だと判明します。

米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は太古から生き残っていた深海海洋生物が不法に海洋投棄された大量の放射性廃棄物に適応進化した、「ゴジラ(Godzilla)」と名付けられた生物であることが判明したのです。

 

『シン・ゴジラ』映画のキャスト出演者のネタ

 

「シン・ゴジラ」で主演を務めた俳優の長谷川博己さんですが、これまでに「ダメ男」「クズ男」を演じる事が多く、しかしその演技には定評がありました。

元々長谷川博己さんは、劇団出身の俳優さんですので演技力については折り紙つきです。

「シン・ゴジラ」に出演した際は、沢山のキャストの方たちが出演されていたので、いろんな話を聞くことが出来とてもいい時間だったとお話されていました。

今後の長谷川博己さんの出演作として、映画「散歩する侵略者(2017年9月16日公開予定)」があります。

 

シンゴジラ 動画 映画 まとめ

 

脚本を担当する庵野さんは脚本の執筆段階から防衛省・自衛隊に協力を依頼し、「実際にゴジラが現れた場合、自衛隊はどのように対処するのか」「ゴジラに対して武器の使用が認められるのか」などミーティングを繰り返し行い、事実に即した脚本に仕上げていったというリアリティーがある映画です。

一度観た人が2度、3度と繰り返し見たくなる映画だという映画です。

 

シンゴジラ映画動画感想まとめ

 

30代男性

ゴジラシリーズの映画も何作品か見ていましたが、今までのゴジラとは全然違った印象を受けました。

今までのゴジラはどちらかというと兵器などが未来の設定な印象を受けますが、シンゴジラはほぼ現代にゴジラが現れたらどうなるか。

という所が大きく違っているのではないかと思いました。

最初のゴジラが出てくるまでは少し退屈に感じましたが、ゴジラが出てきてからの政府の対応も見ていて「あぁ、確かに国会ではこういったやり取りがされてそう」と思いました。

 

誰が責任を取るか、責任を逃れたい、責任を取りたくない政治家や関係者のやりとりなども見ていて面白かったです。

避難者を発見し、攻撃に巻き込む可能性があるからゴジラに対しての攻撃を中止するシーンなどは日本っぽいとも思いました。

そして見所である戦闘シーンも迫力があり楽しめました。

自衛隊とゴジラが対峙して、自衛隊がゴジラに攻撃をしかけるシーンがありますが、ゴジラの頭部をピンポイントで攻撃しているのには笑いました。

日本の技術力の高さを考えると、かなり正確に攻撃が出来ると思いますが、それにしても正確過ぎでしょ(笑)と感じました。

それをものともしないゴジラの圧倒的な強さや不気味さなども際立っていて、見ているこちらも恐怖を覚えました。

ゴジラの吐く光線や、体の各所から出される光線など隙が無さ過ぎてどうやって退治するんだと結末が非常に楽しみで見ていました。

どうやってゴジラを行動不能にするかは見てのお楽しみだと思いますが、続編が出そうな終わり方だったので、続きが出るなら非常に楽しみです。

 

30代女性

 

 

私は今までゴジラの映画を子供の頃にしか見たことがありませんでした。

 

そんな私でも「シンゴジラ」はとてもおもしろい作品でした。ストーリーは今の日本にゴジラが現れてどうやって倒すのかが大筋で、現実的なところが多く政治家が言いそうな発言や実際に兵器も防衛省、自衛隊の協力で多くのものが登場しかっこいい戦闘シーンでした。

 

特に在来線爆弾ももしかしたら現実でやりそうな攻撃手段で面白かったです。

 

ゴジラは、形態があり最終的にあの形になるのですが、それまでの課程がよく、特に第二形態のフォルムもキモカワで良かったです。

 

前半はゴジラが出ることは少なく、会話のシーンが多く色んな人が喋りっぱなしで退屈しそうなところでしたが、一人ひとりにキャラがたっていて適度に面白いところや小さな山場が多くうまく緩急がつけられていて飽きずに見ていました。

 

BGMは新旧ゴジラや良いところのエヴァの音楽がとても聞いていてゾクゾクしました。

 

使い所が絶妙で微妙にバージョンが変わっているのでさすが鷺巣詩郎さんと思いました。

 

キャラクターやカメラワーク、BGM、ゴジラすべてがすごく良くて鳥肌が立ちっぱなしでした。

 

ぶっ飛んだゴジラだけど妙なリアリティがあって説得力のある面白いゴジラだなと感じました。