思い出のマーニー 金曜ロードショー14日見逃した時に見る方法

スタジオジブリファンでなくても見逃したくないアニメーション映画の名作、『思い出のマーニー』。

もともと著名な作品のアニメーション映画化ということもあり、かなりの話題になりました。

そのあらすじも気になるところですが、キャスト(声優)も豪華なラインナップになりましたね。

この記事では、原作についても触れていきながら、映画についてまとめていきたいと思います。

それでは、『思い出のマーニー』を確認していきましょう。
思い出のマーニーはツタヤディスカスで見れます

一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、レンタル8枚に動画視聴1080ポイントもらえます

再入会キャンペーンもしているのでお得です

 

 

『思い出のマーニー』映画の見どころ

 

『思い出のマーニー』の原作は、ジョーン・G・ロビンソンさんによる、イギリスの児童文学です。

原作は、不遇の少女であるアンナが不思議な屋敷においてマーニーという少女と出会い、意気投合していくというものです。

そして、2人が友情をはぐくんでいくという内容になっていきます。

イギリスではかなり評価が高いこの原作は、日本でも翻訳され、2014年に、スタジオジブリによって、アニメーション映画として公開されるに至りました。

アンナは「佐々木杏奈」という日本人になっており、設定に変化も見られます。

一方で、マーニーは外国人のままというのが興味深いところですね。

映画を観てみた後は、ジョーン・G・ロビンソンさんの原作を読んでみて、映画とオリジナルの違いを確認するというのも、意義深い楽しみ方ではないかと思います。

キャスト(声優)も、佐々木杏奈は高月彩良さん、マーニーは有村架純さんという布陣!

原作だけではなくこの映画の評価も高く、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、シカゴ国際子供映画祭最優秀アニメーション作品賞など、数々の映画賞を受賞しました。

 

『思い出のマーニー』映画のキャスト

 

佐々木杏奈(高月彩良)

マーニー(有村架純)

晩年のマーニー(森山良子)

マーニーの父(戸次重幸)

マーニーの母(甲斐田裕子)

佐々木頼子(松嶋菜々子)

山下医師(大泉洋)

美術教師(森崎博之)

みよ子(白石晴香)

大岩清正(寺島進)

大岩セツ(根岸季衣)

彩香(杉咲花)

武(石井マーク)

久子(黒木瞳)

信子(頼経明子)

十一(安田顕)

町内会役員(音尾琢真)

ばあや(吉行和子)

絵美里(石山蓮華)

 

『思い出のマーニー』映画のスタッフ

 

監督:米林宏昌

原作:ジョーン・G・ロビンソン

脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌

製作:鈴木敏夫

プロデューサー:西村義明

音楽:村松崇継 作画監督:安藤雅司 美術監督:種田陽平 映像演出:奥井敦 音響演出:笠松広司 編集:松原理恵

 

『思い出のマーニー』映画のあらすじ

 

天涯孤独の境遇である佐々木杏奈(高月彩良)は、佐々木頼子(松嶋菜々子)を里親として育ちました。

佐々木杏奈は、持病である喘息に襲われてしまい、診察をした山下医師(大泉洋)は、彼女が学校に友達もいないことから、転地療法をしたらどうかとアドバイスをするのでした。

佐々木杏奈は、その結果、佐々木頼子の親戚である大岩清正(寺島進)と大岩セツ(根岸季衣)のもとで暮らすことになりました。

その後、彼女は、たまたま見かけた、ある古い屋敷に惹かれていきます。

七夕になり、佐々木杏奈は、信子(頼経明子)といっしょに七夕祭りへ行きますが、ささいなことでいざこざを起こしてしまいます。

例の屋敷へと再び行ってみた彼女は、夢の中で会った少女と本当に出会うことになりました。

その少女の名前とは、マーニー(有村架純)。

やがて、2人は懇意になっていくのでした。

そんなマーニーだったのですが、ある日、いなくなってしまいます。

不思議に思う佐々木杏奈でしたが、久子(黒木瞳)という老女が現れて、マーニーについての物語を、彼女に聞かせ始めるのでした。

 

『思い出のマーニー』高月彩良さんについて

 

『思い出のマーニー』で主人公の佐々木杏奈を演じるのは、ドラマや映画などで活躍している、女優の高月彩良さん。

「bump.y」のメンバーとして、音楽活動においても知られています。

ドラマでは、これまでに、『GTO』、『地獄先生ぬ~べ~』、『重版出来!』、『時をかける少女』などに出演。

2017年に入ってからも、『嫌われる勇気』、『銀と金』、『増山超能力師事務所』と、多数の作品に出演しています。

映画のほうも、『ジョーカーゲーム』、『僕は友達が少ない』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』など、話題作が多いです。

さらなる彼女の出演作が楽しみなところですね!

高月彩良さんや有村架純さんなど、『思い出のマーニー』のキャストの顔ぶれをみてもお分かりのように、スタジオジブリ作品は、プロ声優ではなく俳優や女優の起用が多いのが特徴。

こうしたことゆえに、本作からは、きっと従来のアニメとは異なった魅力が感じられるかと思います。

 

『思い出のマーニー』映画のまとめ

 

内容的には、青春ものでもあり、ファンタジーでもあるという感じです。

海外の名作のアニメ化ですので、クオリティーの面については安心して観られるというのがうれしいですね。

原作とは違って、登場人物の大半が日本人になっていることも、あらたな味わいがあるでしょう。

はたして、マーニーの正体とはどのようなものだったのか、ぜひ、作品をご覧になってください。

友情、人間関係など、この作品から得るものは、とても大きいと思います!