黒子のバスケ 映画 動画フル ザラストゲーム/auビデオパスu-next

人気コミックの続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」を基に、原作者・藤巻忠俊さんによる新エピソードを追加して描かれたアニメ劇場版です。

誠凛高校バスケットボール部の黒子テツヤら強豪校の選手で結成されたドリームチーム「VORPAL SWORDS」が、アメリカのストリートバスケチームとの再試合に挑むさまが活写されます。

ボイスキャストにはテレビアニメ版の小野賢章さんや小野友樹さんのほか、アメリカチームの選手を緑川光さんと稲田徹さんが担当し、監督を、シリーズを支えてきた多田俊介さんが務めています。

 

『黒子のバスケLAST GAME』映画の見どころ

 

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」でのみどころは、なんといってもこれまででは考えもしなかった、原作漫画やアニメでは敵同士だった「キセキの世代」や黒子と火神がチームを組んで共闘するところです。最強と最強がチームを組んで戦うストーリーに胸が熱くなること間違いなしです。

マンガでは伝えきれない高速ドリブルや、ストリートバスケならではのトリックプレイが見どころです。

そしてなぜ『EXTRA GAME』ではなく、『LAST GAME』というように原作とタイトルが違うのかというのが疑問になってた方もいらっシャツと思いますが、これにもしっかりと意味があります。

 

黒子のバスケ 映画 動画フル 無料視聴・見逃し配信(再放送)auビデオパスとU-NEXT

 

auビデオパス

auビデオパス 黒子のバスケ 映画 動画フル ザラストゲーム/auビデオパスu-next
auビデオパスの30日間無料お試しはこちらから

 

auビデオパス 黒子のバスケ 映画 動画フル ザラストゲーム/auビデオパスu-nextau公式/ビデオパス? 初回30日間無料

 

 

U-NEXT

auビデオパス 黒子のバスケ 映画 動画フル ザラストゲーム/auビデオパスu-next

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちらから

 

auビデオパス 黒子のバスケ 映画 動画フル ザラストゲーム/auビデオパスu-next黒子のバスケが見れるU-NEXT

 

 

『黒子のバスケLAST GAME』映画のキャスト

 

黒子テツヤ(小野賢章)

火神大我(小野友樹)

赤司征十郎(神谷浩史)

青峰大輝(諏訪部順一)

緑間真太郎(小野大輔)

黄瀬涼太(木村良平)

紫原 敦(鈴村健一)

ナッシュ・ゴールド・Jr(緑川 光)

ジェイソン・シルバー(稲田 徹)

 

『黒子のバスケ』映画のスタッフ

 

原作:藤巻忠俊(集英社 ジャンプ コミックス刊)

監督:多田俊介

脚本:高木 登

キャラクターデザイン:菊地洋子

総作画監督:後藤隆幸、菊地洋子

美術監督:鈴木路恵

色彩設計:竹田由香

撮影監督:荒井栄児

CGIディレクター:磯部兼士

編集:植松淳一

音響監督:三間雅文

音楽:池 頼広

主題歌:「Glorious days」GRANRODEO

アニメーション制作:プロダクションI.G

配給:松竹

製作:劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

 

『黒子のバスケLAST GAME』映画のあらすじ

 

劇場版『黒子のバスケ LASTGAME』は主人公・黒子テツヤのいる誠凛高校バスケ部が全国制覇を成し遂げた後のストーリーです。

黒子は2年生、「キセキの世代」のメンバーもそれぞれ引退したりなど、インターハイ後の設定となっています。

「Jabberwock(ジャバウォック)」というアメリカでもいろいろな意味で有名な強豪ストリートバスケチームが来日し、日本チームは親善試合としてジャバウォックと対戦しますが圧倒的な強さでねじ伏せられてしまいました。

ジャバウォックはそんな日本チームや日本のバスケを嘲笑います。

それを見た景虎は、黒子と「キセキの世代」や火神というインターハイでそれぞれ激闘を繰り広げた最強メンバーを集め「VORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)」を結成し、日本を馬鹿にしたジャバウォックにリベンジを挑むことになります。

1度限りの日本のドリームチーム「VORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)」がスクリーンで活躍します!

 

『黒子のバスケ』映画について

 

「黒子のバスケ」は、2011年10月3日発売の『週刊少年ジャンプ』43号にてテレビアニメ化が発表され、2012年4月から9月にかけてMBS、TOKYO MX、BS11にて放送されてきました。

冒頭のナレーションは三木眞一郎さんがが務めていました。

2013年10月から2014年3月にかけて第2期が、2015年1月から6月にかけて第3期がBS11・TOKYO MX・MBS国外でも放送されてきました。

本作の評価は高く、原作の人気が躍進するきっかけとなりました。

京国際アニメフェア2013・第12回東京アニメアワードテレビ部門優秀作品賞受賞をしており、舞台・Webラジオ・ドラマCD・音楽CD・スーパーアニメツアー・ゲームなどが派生しました。

他にもNBAと「黒子のバスケ」がコラボするなど、人気の凄さがうかがえる作品となっています。

 

『黒子のバスケLAST GAME』映画のまとめ

 

スラムダンクに次ぎ、日本を代表する作品となった「黒子のバスケ」は若い世代を中心に絶大な支持を受けていましたが、絶頂期の2014年に連載を終了しています。

ファンから惜しむ声も多く上がっっており、「黒子のバスケ LAST GAME」はそんな読者にはたまらない作品になっているのではないでしょうか。