思い出のマーニー 金曜ロードショー14日見逃した時に見る方法

スタジオジブリファンでなくても見逃したくないアニメーション映画の名作、『思い出のマーニー』。

もともと著名な作品のアニメーション映画化ということもあり、かなりの話題になりました。

そのあらすじも気になるところですが、キャスト(声優)も豪華なラインナップになりましたね。

この記事では、原作についても触れていきながら、映画についてまとめていきたいと思います。

それでは、『思い出のマーニー』を確認していきましょう。
思い出のマーニーはツタヤディスカスで見れます

一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、レンタル8枚に動画視聴1080ポイントもらえます

再入会キャンペーンもしているのでお得です

 

 

『思い出のマーニー』映画の見どころ

 

『思い出のマーニー』の原作は、ジョーン・G・ロビンソンさんによる、イギリスの児童文学です。

原作は、不遇の少女であるアンナが不思議な屋敷においてマーニーという少女と出会い、意気投合していくというものです。

そして、2人が友情をはぐくんでいくという内容になっていきます。

イギリスではかなり評価が高いこの原作は、日本でも翻訳され、2014年に、スタジオジブリによって、アニメーション映画として公開されるに至りました。

アンナは「佐々木杏奈」という日本人になっており、設定に変化も見られます。

一方で、マーニーは外国人のままというのが興味深いところですね。

映画を観てみた後は、ジョーン・G・ロビンソンさんの原作を読んでみて、映画とオリジナルの違いを確認するというのも、意義深い楽しみ方ではないかと思います。

キャスト(声優)も、佐々木杏奈は高月彩良さん、マーニーは有村架純さんという布陣!

原作だけではなくこの映画の評価も高く、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、シカゴ国際子供映画祭最優秀アニメーション作品賞など、数々の映画賞を受賞しました。

 

『思い出のマーニー』映画のキャスト

 

佐々木杏奈(高月彩良)

マーニー(有村架純)

晩年のマーニー(森山良子)

マーニーの父(戸次重幸)

マーニーの母(甲斐田裕子)

佐々木頼子(松嶋菜々子)

山下医師(大泉洋)

美術教師(森崎博之)

みよ子(白石晴香)

大岩清正(寺島進)

大岩セツ(根岸季衣)

彩香(杉咲花)

武(石井マーク)

久子(黒木瞳)

信子(頼経明子)

十一(安田顕)

町内会役員(音尾琢真)

ばあや(吉行和子)

絵美里(石山蓮華)

 

『思い出のマーニー』映画のスタッフ

 

監督:米林宏昌

原作:ジョーン・G・ロビンソン

脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌

製作:鈴木敏夫

プロデューサー:西村義明

音楽:村松崇継 作画監督:安藤雅司 美術監督:種田陽平 映像演出:奥井敦 音響演出:笠松広司 編集:松原理恵

 

『思い出のマーニー』映画のあらすじ

 

天涯孤独の境遇である佐々木杏奈(高月彩良)は、佐々木頼子(松嶋菜々子)を里親として育ちました。

佐々木杏奈は、持病である喘息に襲われてしまい、診察をした山下医師(大泉洋)は、彼女が学校に友達もいないことから、転地療法をしたらどうかとアドバイスをするのでした。

佐々木杏奈は、その結果、佐々木頼子の親戚である大岩清正(寺島進)と大岩セツ(根岸季衣)のもとで暮らすことになりました。

その後、彼女は、たまたま見かけた、ある古い屋敷に惹かれていきます。

七夕になり、佐々木杏奈は、信子(頼経明子)といっしょに七夕祭りへ行きますが、ささいなことでいざこざを起こしてしまいます。

例の屋敷へと再び行ってみた彼女は、夢の中で会った少女と本当に出会うことになりました。

その少女の名前とは、マーニー(有村架純)。

やがて、2人は懇意になっていくのでした。

そんなマーニーだったのですが、ある日、いなくなってしまいます。

不思議に思う佐々木杏奈でしたが、久子(黒木瞳)という老女が現れて、マーニーについての物語を、彼女に聞かせ始めるのでした。

 

『思い出のマーニー』高月彩良さんについて

 

『思い出のマーニー』で主人公の佐々木杏奈を演じるのは、ドラマや映画などで活躍している、女優の高月彩良さん。

「bump.y」のメンバーとして、音楽活動においても知られています。

ドラマでは、これまでに、『GTO』、『地獄先生ぬ~べ~』、『重版出来!』、『時をかける少女』などに出演。

2017年に入ってからも、『嫌われる勇気』、『銀と金』、『増山超能力師事務所』と、多数の作品に出演しています。

映画のほうも、『ジョーカーゲーム』、『僕は友達が少ない』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』など、話題作が多いです。

さらなる彼女の出演作が楽しみなところですね!

高月彩良さんや有村架純さんなど、『思い出のマーニー』のキャストの顔ぶれをみてもお分かりのように、スタジオジブリ作品は、プロ声優ではなく俳優や女優の起用が多いのが特徴。

こうしたことゆえに、本作からは、きっと従来のアニメとは異なった魅力が感じられるかと思います。

 

『思い出のマーニー』映画のまとめ

 

内容的には、青春ものでもあり、ファンタジーでもあるという感じです。

海外の名作のアニメ化ですので、クオリティーの面については安心して観られるというのがうれしいですね。

原作とは違って、登場人物の大半が日本人になっていることも、あらたな味わいがあるでしょう。

はたして、マーニーの正体とはどのようなものだったのか、ぜひ、作品をご覧になってください。

友情、人間関係など、この作品から得るものは、とても大きいと思います!

 

思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法

スタジオジブリの作品『思い出のマーニー』(米林宏昌監督)は、イギリスの作家ジョーン・ロビンソン(1910―1988)による同名児童文学が原作になり、北海道を舞台に移し、心を閉ざしたアンナが、“青い窓”がある屋敷に暮らす金髪の少女・マーニーと出会い、不思議なひと夏を過ごすファンタジーで、児童文学ファン(もちろん、宮崎監督もそのひとり)の間では、長年支持されている“隠れた名作”です。

 

思い出のマーニーはツタヤディスカスで見れます

一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、レンタル8枚に動画視聴1080ポイントもらえます

再入会キャンペーンもしているのでお得です

 

『思い出のマーニー』見どころ

 

『思い出のマーニー』の見どころは、ジブリ作品をこれまで支えてきた宮崎駿監督と、高畑勲監督の巨匠2人が作品に一切かかわっていないというところです。

そして、スタジオジブリ作品で初となる杏奈とマーニーのダブルヒロインという設定です。

杏奈とアーニーの友情を育んでいく描写は、同年代の女の子には、物語が身近に感じられる作品になっているものだと感じます。

舞台となった北海道の風や湿度、夜の湖を杏奈とマーニーがボートに乗って散歩するシーンは美しく、水の冷たさまでもが体験したように心に残る映像も見どころになります。

 

映画を見る時のお勧めauビデオパス、「U-NEXT(ユーネクスト)」

auビデオパスもU-NEXTも一カ月間の無料お試しキャンペーンしているので最新作映画が無料視聴できます

 

ダウンロード再生が出来るし、レンタルDVDと同時もしくは早くレンタル待ち無で

便利です

 

auビデオパス公式サイ下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

gifbanner?sid=3351711&pid=884755254 思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」公式サイトは下記です
(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

↓ ↓

 

gifbanner?sid=3351711&pid=884755254 思い出のマーニー 動画フル無料視聴する方法「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

『思い出のマーニー』キャスト

 

佐々木杏奈(高月彩良)

マーニー(有村架純)

佐々木頼子(松嶋菜々子)

山下医師(大泉洋)

美術教師(森崎博之)

みよ子(白石晴香)

大岩清正(寺島進)

大岩セツ(根岸季衣)

彩香(杉咲花)

武(石井マーク)

久子(黒木瞳)

信子(頼経明子)

十一(安田顕)

町内会役員(音尾琢真)

老婦人(森山良子)

ばあや(吉行和子)

マーニーの母(甲斐田裕子)

マーニーの父(戸次重幸)

絵美里(石山蓮華)

 

『思い出のマーニー』スタッフ

 

原作:ジョーン・G・ロビンソン

脚本:丹羽圭子 ほか

監督:米林宏昌

製作:鈴木敏夫

音楽:村松崇継

作画監督:安藤雅司

美術監督:種田陽平

色指定:加島優生

映像演出:奥井敦

音響演出:笠松広司

編集:松原理恵

制作:星野康二、スタジオジブリ

プロデューサー:西村義明

 

『思い出のマーニー』あらすじ

 

12歳の杏奈は、幼いころに両親を事故で亡くし、養母と暮らしていますが、杏奈は「もらわれっ子」であることに悩んでいました。

両親が自分が残して死んだことに対し、頭では仕方のないことだと理解しながらも、杏奈の心には置き去りにされたという”わだかまり”が残っていたのです。

周囲と上手く溶け込むことができず、養母との関係性もよくなく、療養地で持病の気管支喘息の静養を行うことになります。

療養地で杏奈はマーニーという少女に出会い、マーニーは、古びで無人となったはずの“湿っ地屋敷”に住んでおり、杏奈は、マーニーや屋敷に、不思議な既視感や親しみを感じていました。

杏奈は、マーニーの友人だったという久子にマーニーの過去を聞きます。

さらには、杏奈が児童保護施設に引き取られる際に持っていたという写真に、マーニーの署名があったことから、杏奈はマーニーの孫であることが判明します。

マーニーは、亡くなった両親代わりに、自身が病死するまで安奈を育ててくれていたのでした。

杏奈は、マーニーの思い出話を聞いていたため、屋敷で既視感や親しみを感じていたのでした。

マーニーとの関係性を知り、杏奈は母・頼子と親子としての繋がりを感じることができるようになったのでした。

 

『思い出のマーニー』出演者のネタ

 

今回監督を務める、米林 宏昌(よねばやし ひろまさ)監督たっての希望で、オーディションが開かれ、300人もの参加者が集まり、その中で、オーディション一人目に有村架純さんが登場し、杏奈の前に現れる謎の金髪の少女・マーニー役に即決したそうです。

しかも米林監督と西村義明プロデューサーは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした有名な有村架純さんを知らず、純粋に声だけで選んだとのことで二人とも即決だったそうです。

 

『思い出のマーニー』まとめ

 

苦しみを抱えた主人公、杏奈の目に映る世界の残酷さがリアルで、世界と折り合えない少女の内面をリアルに描いて共感を呼ぶ、かつてないジブリ作品になっています。

ラストにはどんでん返しが待っていますが、観て損はない良質なジブリ作品になっています。